需要が高い

住宅業界の動向と予測

注文住宅が提供され始めてまだ百年もたっていません。ですから注文住宅は比較的最近広まった建築手法といえます。ですから注文住宅を提供している会社もしっかりとしたシステムが確立できている会社ばかりとは言えないのです。実際に比較的名の知れたハウスメーカーでも廃業に追い込まれてしまった会社はたくさんあります。 今後住宅を購入する30代、40代の人口はどんどん減少することから販売戸数も減少することが予想されています。更に現在では空き家問題や、リフォーム事業の強化など注文住宅業界にとってより厳しい時代になることが予想できます。そんな中で長く続く会社を見抜きそういった会社で住宅を建築することでしっかりとしたアフターサービスを住んでいる間ずっと受けることができるのです。

会社選びは建築時だけでなくアフターケアにも重点を置いて選択を

注文住宅を提供している会社といっても設計事務所から工務店、ハウスメーカーなど様々な建築会社が存在します。その中でどの建築手法を選択しどの会社で住宅を建築するかは住宅建築の満足度を大きく左右するだけでなく住んでからのアフターケアに差が出るなど一生ついて回ることなのです。 自宅を建築した会社が廃業してしまえば当然アフターケアを受けることはできません。しかし廃業していなくてもアフターケアに対する仕組みづくりができておらず建てたらたてっぱなしという住宅会社も多いのです。こうした会社は今つぶれていなくても今後の厳しい業者間競争に敗れる可能性は極めて高いのです。場合によってはしっかりと手入れをしてくれる別業者を事前に見つけておく必要もあるのです。