知識を深める

不動産の相続をした時にかかる相続税

今まで、相続税に無縁だった家庭も相続税を払わなければいけない事態に進んで行く事になった場合相続不動産売却で金額が高額になった場合、とても払いきれない問題も生じてきますので、そこをなんとか対策する必要があります。その場合に相続不動産売却で相続の対策をする為には不動産を活用するのが、一番有効である事がポイントになります。 相続不動産売却にたいして、相続の対策には不動産を活用するのが基本中の基本になります。相続税を課税する為の財産の評価と言うところにポイントがあります。相続財産の中で現金がありますが、これは100パーセント評価になります、これは税務当局が決めている決まりになります。ところが不動産の場合はそうではありません、不動産にはいろいろな価格があります。例えば時価の価格がそのまま評価されない事がある事を知っておく事で納得のいく価格で売却することが出来ます。

相続不動産売却をする時に工夫すると良いこと

現金が不動産に代わった時点で、その価値というのは相続税の評価上変わることが多くあります。ここで相続不動産売却する時に建物の評価がどのように変わるのかですが、建物の価格は、不動産を持っておれる方は固定資産税の納税通知書というのが行政から届きます。この届く固定資産税納税通知書には、建物の価格が表示されています。 例えばハウスメーカーの新築で建てた場合で普通の30坪ぐらいの建物であれば、それなりの時価がかかる事になります、しかし固定資産税に出てくる建物評価というのは、いくら出るのかは、それぞれ個別の評価によって変わります。ですので、実際に建てた時の価格と固定資産税評価額で評価される価格が違います。この固定資産税評価額の提示される価格が現状の決まりとなりますので、この金額をよく理解した上で工夫して相続不動産売却する事が大切になります。