メリットについて

一戸建て賃貸にしかないメリット

賃貸住宅と言えば一般的にはマンションを思い浮かべますが、一戸建て賃貸も人気物件です。持ち家として買うのではなく、一戸建て賃貸で暮らすメリットはどのような点にあるのでしょうか。 一般的に借家と言えば持ち家よりもお金がかかると思われがちですが、現在では両者の必要経費に大差はない事が分かっています。 賃貸は月々の費用がかかりますが、一方持ち家もローン代が必要になります。またそれだけでなく、持ち家は家の管理や修繕費用を全て自分が負担する事になるのです。その点賃貸であれば管理責任は家主に発生しますので、家の自然劣化が生じた場合、家主負担で修繕してもらう事ができます。 こうした点が一般的に知られるようになれば、今後は持ち家として一戸建てを購入するよりも賃貸で暮らす人が増えるようになるでしょう。

自由度の高い家で考えたい事

一戸建てを賃貸で借りる場合、住人だけの自由な生活を送る事ができます。マンションよりも周囲の住人に気を使う必要がありませんし、何よりペットを飼える住宅が多いのが特徴的です。 一方どのような賃貸住宅でも同様ですが、賃貸人から家を借りる場合、気を付けたいのが敷金の問題です。 一戸建てはお子様が伸び伸びと成長する上でメリットの多い住まいですが、一方あまりに部屋を破損してしまった場合、住人が修繕費を負担する事になります。修繕費は敷金から捻出するのが一般的ですが、出来るだけ負担を避けたい場合、家を綺麗に使うようにしましょう。 特にペットを飼った場合、退去時にどの程度の原状回復義務が発生するのか確認しておく事が大切です。床材の交換などあらかじめ話し合っておくようにしましょう。